初期の肺炎と診断されて焦る

少し前のことですが、咳が止まらない状態が続きました。
熱っぽいですし、息を吐きにくい感じもします。
でも寝込むほどの辛さでもありません。
ちょっと心配になって病院で診察してもらいました。
すると肺が少し曇っていると言われました。
肺が曇っている?私は何か重大な疾患が発見されたのかと慌てました。
そして、初期の肺炎と診断されたのでした。
肺炎というと非常に重篤な病気のイメージがあったので、これにも焦りました。
しかし、その割りには症状がそう大したことがありません。
先生にその辺りを聞くと、進行した肺炎は非常に危険だが、
初期の肺炎の症状は人にもよるが、そう酷い症状は出ないと言われたのです。
少しほっとした私は抗生剤を貰って帰宅しました。
しばらく安静するようにと言われましたので、
無理をしないでしばらく過ごしました。
すると一週間ほどで症状が緩和して楽になったのです。
私は、呼吸が楽になったうれしさと同時に、
思い切って病院に行って良かったなと思ったのです。

カテゴリー: 看護師   パーマリンク

コメントは受け付けていません。